タンパク質を摂るために、サーロインステーキを食べるぞ~!

ふとし君

それだと脂肪を摂り過ぎるぞ。次の問題で確認してみるのじゃ。

ダイエット小学校
校長先生

ダイエット計算ドリル⑭-2:問題

ある日、ふとし君は夜ごはんにサーロインステーキを200g食べました。
これを鶏ササミ200gに置き換えると、どれくらいの量の脂肪を減らせるでしょうか?

※ヒント:
それぞれの100gあたりの脂肪
サーロイン(脂身つき)……47.5g
鶏ささみ………………………0.8g

答え

93.4gの脂肪を減らせる

計算例

サーロインステーキ200gの脂肪の量は
47.5(g)×2=95(g)
鶏ささみ200gの脂肪の量は
0.8(g)×2=1.6(g)
減らせる脂肪の量は
95(g)-1.6(g)=93.4(g)

解説

厚生労働省が定めた「日本人の食事摂取基準(2020年版)」では、1日に必要なタンパク質の量は摂取カロリーの13~20%(40代までの男女)とされています。

ふとし君は、今は1日の目標カロリーを1,800kcalにしているので、そのうちの20~30%である360~540kcal分は脂肪を摂取しても良いということになります。

脂肪1gあたりのカロリーが9kcalですから、摂取しても良い脂肪の量は重さに換算すると40~60gです。

脂身つきのサーロインステーキ200gの脂肪は95gなので、ステーキ1枚だけで1日分の摂取量を超えてしまいます。脂肪の多い肉は日常的に食べるのではなく、たまの楽しみにしておくと良いでしょう。

参考までに、脂肪の多いタンパク源と、脂肪の少ないタンパク源をいくつか紹介します。

脂肪の多いタンパク源(可食部100g当たり)
  • 牛ばら肉(脂身つき)………………50.0g
  • 豚ばら肉(脂身つき)………………35.4g
  • 鶏もも肉(皮つき)…………………19.1g
脂肪の少ないタンパク源(可食部100g当たり)
  • 鶏むね肉(皮なし)…………………1.9g
  • べにざけ………………………………4.5g
  • 木綿豆腐………………………………4.9g

僕、こんなに脂肪摂ってたの⁉

ふとし君

これだとタンパク質補給というよりも、脂肪補給になっておるな。

ダイエット小学校
校長先生