現代では当たり前のように行われているダイエット。
では、ダイエットという概念はいつから一般的なものになったのかご存じですか?
また、時代によって流行するダイエット方法も変わってきます。
今回は、ダイエットの歴史についてご紹介します。

ダイエットという概念はいつから始まったの?

現代では、「痩せている=美しい」という価値観が浸透してきているかと思うことが多いですよね。もちろん美意識や価値観は個人により様々ですが、モデルさんやテレビに出ている女優さんなどが多くの人々の憧れになっていることにより、自分もモデルさんのようなスタイルになりたいという方が多く、ダイエットが世に浸透しています。
では、このように人々が痩せたいという感情を覚え、ダイエットを始めたのはいつ頃からなのでしょうか。

一般的にダイエットやカロリー計算が浸透し始めたのは19世紀ごろだそうで、発想はアメリカと言われています。
食糧事情がよくなることにより大食いの人が増え、体調不良などに繋がる人が多かったとか。それを解消するために、スポーツやエクササイズで食べたカロリーを消費しようということがきっかけになったという説があります。
1950年頃から、食生活なども含め欧米文化を取り入れるようになった日本では、スリムな外国人のモデルに憧れる女性も増加し、段々とダイエットに取り組む人が増えていったと言われています。

ダイエット年表!

今流行っているダイエットと聞いてピンとくるものはありますか?
例えば糖質制限やファスティングなどは、ここ最近のトレンドとして挙げられています。
ダイエットの流行も様々あり、その時代に沿ったダイエット方法が流行していました。

1970年代

健康器具やカロリー計算が流行となりました。
中でも『スタイリー』という健康器具が大ブーム!ハンモックのような器具に寝そべって、体を曲げたり伸ばしたりして鍛えるものです。
ピンとこない若い方はぜひご両親に聞いてみてください!

1980年代

世は空前のエアロビクスブーム!
最近でもテレビでたまに見かけることもありますよね。
個性的なファッションやノリノリの音楽が、新しいダイエット法として日本人の心を動かしました。
また、ゆで卵やこんにゃくなど、ヘルシーな食べ物を用いたダイエット法も1980年代では流行となりました。今ではダイエット食の定番となりつつあるこれらの食べ物ですが、この年代からヘルシーなものとして認識され始めていたのですね。

1990年代

サプリメント系の輸入が解禁されたこともあり、サプリメントを使ったダイエット法がブーム!雑誌の怪しげな広告を見かけ始めたのも、このあたりの年代なのではないでしょうか?
エアロビクスからの派生で、ボクササイズなどが普及し始めたのもこの年代でした。
食べ物では、黒酢やりんごダイエットというのが流行ったそうですよ。
黒酢は現在でも体に良いものとして取り入れている方もいますよね。

2000年代

そして2000年代では、メタボという言葉が大流行。女性だけでなく男性でもダイエットに取り組む方が増えました。
スパルタでおなじみのビリーズブートキャンプやアブトロニックが流行したのもこの年代です。骨盤ベルトやコルセットなど、気軽に試せるダイエット器具が流行したのもこのあたりでした。
ちなみにビリー隊長は今でも現役で活躍されているようですよ♪最近ではYouTubeで令和のビリーズブートキャンプをやっているとか!

2010年代

そして記憶に新しい2010年代では、男性のイメージが強かったジムに通い筋トレをする女性が増えていきました。RIZAPなどのパーソナルトレーニングジムも増え始め、体を鍛えることがより身近になりました。
それとともにプロテインが流行し、様々なメーカーからプロテインが出始めたのも2010年代ですね。

結局どのダイエット法がいいの?

時代に沿って色々なダイエット法が流行していますが、どれが一番効果的なのか、どれが痩せるのかというのは、もちろん個人差があります。
流行したからと言ってすべてが正しいダイエット法というわけでもないですし、最も大事なのは健康的に続けることです!
興味があるものから試してみて、自分に合う方法を探してみるのも楽しいかもしれませんね。
これから先は、どのようなダイエット法が流行するのでしょうか。
これが流行りそう!というものを発見した方は、ぜひTwitterインスタのコメントで教えてください♪