ラーメンは汁まで飲み切るのが基本!

ふとし君

気持ちは分かるが……次の問題を解いた後も、同じことを言えるかな?

ダイエット小学校
校長先生

ダイエット計算ドリル⑭-3:問題

ふとし君は、ある日の昼ごはんに以下のものを食べました。

ラーメン
チャーシュー丼
餃子(5個)

全部で塩分を何g摂ったことになるでしょうか?

※ヒント:
それぞれの1個あたりの食塩の量は以下の通り
ラーメン…………………5.2g
チャーシュー丼…………2.1g
餃子………………………0.29g

答え

全部で塩分を8.75g摂ったことになる

計算例

摂取した塩分の合計は

5.2(g)+2.1(g)+(0.29×5)(g)=8.75(g)

解説

厚生労働省が定めた「日本人の食事摂取基準(2020年版)」によると、15歳以上の男性の塩分の摂取量は食塩相当量で1日あたり7.5gまでとされています(女性は6.5g)。

ふとし君はこの日の昼ごはんで8.75gの食塩を摂っているので、1食だけで1日の摂取量をオーバーしていることになります。

塩分の摂り過ぎは高血圧のもとになります。そして高血圧は、生活習慣病のリスクを高めます。「もし高血圧を完全に防げたら、年間10万人以上の人が死亡せずに済む」という予測もあるほど、高血圧の健康への悪影響は大きいのです。

しかし、現在は日本人の70%が塩分を摂り過ぎているといわれています。特にタンパク質を多く摂ろうとすると、調味料に含まれる塩分などで塩分の摂りすぎになりやすくなるので注意してください。

塩分の摂り過ぎを防ぐ第一歩は、何gまでなら塩分を摂って良いのか知り、自分が食べているものの塩分の量を把握することです。参考までに、よく食べられる料理に含まれる食塩の量を、いくつか紹介します。

食事に含まれる塩分量
  • 天ぷらそば……………………………4.3g
  • かつ丼…………………………………4.3g
  • 肉じゃが………………………………2.4g
  • ミートソーススパゲティ……………3.4g
  • オムライス……………………………3.8g
  • ハンバーグ……………………………2.4g

1日7.5g以下なんて無理だ~(泣)

ふとし君

ラーメンやそばは、汁を飲まないだけで塩分の量がだいぶ変わってくるぞ。

ダイエット小学校
校長先生