もしかして、運動だけじゃなく食事制限もすれば、もっと楽にカロリーを帳消しにできる…?

ふとし君

いい発想じゃな。次の問題で確認してみよう!

ダイエット小学校
校長先生

ダイエット計算ドリル⑩-5:問題

ふとし君は、ある日のおやつにショートケーキを一切れ(366kcal)食べました。
この分のカロリーを3日で帳消しにするには、1日あたりどれくらいの運動と食事制限をすればいいでしょうか。

※ヒント:
体重80kgの人がウォーキングを1分した場合の消費カロリーは5.4kcal
ごはん中盛(140g)のカロリーは235kcal
ごはん小盛(100g)のカロリーは168kcal

答え

1日1杯のごはんを中盛から小盛にして、1日10分ほどウォーキングをすればいい。

計算例

1日1杯分のごはんを中盛から小盛に変更すると、3日間で減らせるカロリーは
(235kcal-168kcal)×3=201kcal

ショートケーキ一切れ分のカロリーは366kcalだから、残りのカロリーは
366kcal-201kcal=165kcal

x分で165kcal消費するとすると
5.4(kcal)×x(分)=165 (kcal)
x=30.5555…(分)

3日で30.6分間散歩をするから、1日あたりのウォーキング時間は
30.6(分)÷3=10.2(分)

解説

ごはんを毎食減らすのはつらくても、1食だけなら我慢できる気がしませんか?量は少なくても、食物繊維が多いおかずでかさを増やし、よく噛むことで満腹感が得やすくなります。

歩くのも、少し速度を意識するだけで消費カロリーを増やせます。普段の買い出しや通勤で少しフォームや速度を意識して歩けば、1日10分のウォーキングは無理なく達成できそうですよね。

ダイエットはコツコツ続けていくことが大切です。低カロリーな食事ばかりで辛くなってしまい、その反動で暴飲暴食に走ってしまったら元も子もありません。
そうならないためにも、「週に1度は大好きなケーキを食べて、その後3日はごはんを少なめ、意識してウォーキングする」など無理のない計画を立てて息抜きをしましょう。

これなら無理しなくてもカロリーを帳消しにできるぞー!

ふとし君

たまのご褒美を楽しみつつ、ダイエットを続けていくのじゃ!

ダイエット小学校
校長先生