炭酸飲料に糖分が多く入っているのは分かったけど…

ふとし君

まだちょっとピンと来ていないなら、この問題を解くのじゃ!

ダイエット小学校
校長先生

ダイエット計算ドリル⑦-2:問題

コーラ(500mL)には角砂糖20個分の糖質が含まれています。
これと同じ濃度の糖質をコーヒー(1杯120mL)で摂るとしたら、角砂糖をいくつ入れることになるでしょうか?

答え

角砂糖4.8個

計算例

500(mL):20(個)=120(mL):X(個)
X(個)=20(個)×120(mL)÷500(mL)=4.8(個)

解説

ダイエット計算ドリル⑦-1では、コーラ(500mL)には角砂糖20個分の糖質が含まれていることがわかりました。

しかし「角砂糖20個」と言われても正直ピンと来ないですよね。
そこで今回、角砂糖を入れることが多いコーヒーを使って、コーラの糖分濃度を再現するとどうなるか計算してみました。

なんとコーヒー1杯に角砂糖を5個入れると、コーラの糖分濃度とほぼ同じになるようです。5個も角砂糖を入れる人って、相当な甘党ですよね!
もっと言えば、コーラを500mL飲むということは、角砂糖を5個入れたコーヒーを4杯飲むこととほぼ同じということになります。

このように換算してみると、甘くて冷たい飲みものを一気飲みすることはいかに問題なのか、よく理解することができたのではないでしょうか。

さすがの僕でも、コーヒーに角砂糖を5個も入れないな…

ふとし君

ダイエット中は甘い飲み物はなるべく避けるべきじゃな!

ダイエット小学校
校長先生