ダイエット・クエスト①
正月太りをなかったことに!

「肥満」という名の魔王に席巻される闇の時代にあっても、新年はめでたい。冒険者たちはひとときの休息で癒されるが、ふと我に返ると体重が数kg増えていることに気づく。正月太りをなかったことにしなければ、新たな冒険にも旅立てないぞ!

ダイエット・タイプ診断はこちら

ダイエット・タイプ別
「正月太り解消」アドバイス

「賢者」タイプへのアドバイス

賢者タイプ

真面目なそなたが正月太りをすると、これまでの努力が水の泡になった気がして、やる気ゼロになってしまうかもしれん。だが短期間で増えた体重は、短期間で戻せるのじゃ!無気力になっている場合ではないぞ。1カ月くらいで元に戻るよう、今日から運動と食事を頑張ればいいのじゃ!

「勇者」タイプへのアドバイス

勇者タイプ

普段から食事と運動に気を付けていても、正月のノンビリした雰囲気に負けて、こたつの中でテレビを見て何かしらを口に運ぶダラダラ生活をしとらんかったか?寒くて外に出たくないのは分かるが、この時期ならではのイベントや遊びを逃してしまうのはもったいないぞ。寒さに負けず、アクティブにな!

「武闘家」タイプへのアドバイス

武闘家タイプ

身体を動かすのが好きなそなたなら、きっと正月でも運動は欠かしていなかったのではないかな?それでも太ってしまうのは、やはり食べ過ぎてしまったということじゃ。正月は豪華な食事や会食が多いから仕方ないが、食べた分は消費せんとな。筋トレした後に有酸素運動、これがダイエットの王道じゃよ。

「戦士」タイプへのアドバイス

戦士タイプ

そなたは運動嫌いではない、むしろ好きな方じゃろう。それでも正月はダラダラしてしまって、いつもより運動量が減ってしまったのではないかな?これから運動量を増やすのもいいが、食事に少し気を付けるのもいい方法じゃ。主食(ご飯、麺、パン)やデザート、お酒、果物は意識して減らすとよいぞ!

「僧侶」タイプへのアドバイス

僧侶タイプ

理論派のおぬしは、正月太りの原因を分析してみるのじゃ。例えば、お餅の入ったお雑煮と一緒に赤飯を食べたり、寿司をつまんだりしていなかったか?おせち料理は日持ちさせるために砂糖を多く使っているものが多いぞ。分析して反省したなら、食べ過ぎた分のカロリーを消費・削減するプランを考えるがよい!

「魔法使い」タイプへのアドバイス

魔法使いタイプ

気温が低くなると、身体はエネルギーや水分を欲して、脂っこいものや塩からいものを食べたくなるものじゃ。正月はそういうものをたくさん食べてしまったのではないかな?正月太りが気になるなら、その逆をすればよい。カロリーが低くて塩分を排出してくれる、野菜類やきのこ類、海藻類をいつもより多めに食べるのじゃ!

「遊び人」タイプへのアドバイス

遊び人タイプ

さぞかし正月にダラダラ過ごしたものと推察するぞ。楽しかったから正月太りは仕方ない?ムム…せめて気分を引き締める意味でも、ウエストが楽なゆったりした服ばかり着ないようにするのじゃ。ちょっとオシャレして、初詣でもなんでもいいから、外に出る!まずはそれからじゃ!