筋肉をいじめたら可哀想

ふとし君

いじめたら可哀想? ……本当に、そうかしら?(ニヤリ)

ダイエット小学校
教頭先生

メッチャ・ポッチャ教頭の論破タイム

いい?筋肉はMだから「いじめても大丈夫」……いえ、「いじめないとダメ」なのよ。

「可哀想だから」って筋肉をいじめない(=動かさない)でいると、筋肉はあっという間に減ってしまうわ。
実際、「運動不足が2週間続くと、筋肉の約1/3がなくなって、取り戻すのに3倍以上の時間がかかる」という研究結果もあるのよ。

筋肉が減ると、基礎代謝が落ちて脂肪が燃焼されにくくなるから「痩せにくく、太りやすい体」「エネルギー不足な体」になってしまうわ。
「疲れやすい」「動くのがつらい」というあなたはすでに、筋肉が失われているかも……?
だから、ダイエットだけでなく毎日を健康的に過ごすためにも、筋肉は適度にいじめてあげることが大事なのよ。

いじめられた筋肉は「壊れたあと、前よりも強くなるように修復される」という「超回復」をして増えていきます。
いつもより激しい運動をすると筋肉痛になるでしょ?あれは筋肉が壊れて炎症を起こしているからなの。
筋肉が壊れたあと、24~48時間休むと、その間に筋肉が「あのときの負担に耐えられるようになろう」と前より強くなろうとするの。それが筋肉の「超回復」よ。

超回復で筋肉を増やすには、休憩のほかに栄養も大切です。
「筋肉をつけるにはプロテイン!」っていうイメージを持っている人は多いわよね。
プロテインを日本語で言うとタンパク質。タンパク質は筋肉の材料になるから、積極的にとっていってね。

それと、意外に思う人も多いかもしれないけど、筋肉を増やすには運動前後に炭水化物(糖質)をとるのも効果的よ。
糖質は運動をするためのエネルギー源になるんだけど、これが不足していると、筋肉の材料であるタンパク質を分解してエネルギーを作ることになるの。筋肉を増やしたくて運動しているのに、そのせいで筋肉の材料が減っちゃうってこと。この状態だと材料不足で筋肉が作られにくくなってしまうわ。
それを防ぐためには、運動の3時間前と、運動後1~2時間を目安に糖質をとるといいわね。

どう?筋肉は「いじめたら可哀想」どころか、「いじめないとダメ」という理由は分かってきた?
私も若い頃は筋肉をいじめて筋肉痛になることが嫌だったけれど、今はむしろ快感だわ(*ノωノ)

分かったら、言い訳はやめて今すぐスタート、よ!