ダイエット漢字ドリル②:問題

  1. 1
    よく
    望に負けて食べ過ぎた。
  2. 2 体が甘いものを
    ほっ
    している。
  3. 3
    よく
    に勝って、理想の体型に。
  4. 4 食べ放題で
    よく
    張って食べすぎた。
  5. 5 良いダイエットグッズが
    しい。

食べたい気持ちが止まらないんだ…っ!

ふとし君

ふぅ…煩悩だらけじゃのう…

ダイエット小学校
校長先生

答え

解説

「ほしい」という気持ちを意味する「欲」。「食べたい」という気持ちも欲のひとつです。

「欲」という漢字は「谷」と「欠」からできています。
「谷」はその地形のように、お腹がくぼんでいる様子を表しています。そして「欠」は「あくび」とも読み、口を大きく開ける様子を表しています。
つまり「欲」という漢字は、お腹が空いて、大きな口を開けている様子を表現しているのです。この成り立ちからも、「食べたい」という欲(=食欲)が、人間の根源的な欲求であると分かります。

ここまで読んで、「人間の基本的な欲求ならば、食欲が止まらないのは仕方がない」とお思いになった方も多いかもしれません。しかしそれは間違いです。

私たちが感じる食欲には「真の食欲」と「偽の食欲」があります。

「さっきまでお腹がいっぱいだったのに、大好きな食べ物を前にしたら急にお腹が空いてきた」
「イライラしていて、普段なら食べない量の食事を一気に平らげてしまった」
――あなたはこのような経験はありませんか?これらはすべて「偽の食欲」です。たとえ満腹であっても、好きな食べ物を見たり匂いを嗅いだりすることで、感覚中枢が刺激され「食べたい」と思ってしまうのです。

このような「偽の食欲」はストレスが溜まっていたり、睡眠不足だったりすると起こりやすくなります。「偽の食欲」に襲われてしまったときは、深呼吸や簡単なストレッチをしましょう。それだけで、だいぶ気が紛れます。

逆に、空腹感があるときの食欲は「真の食欲」です。これは生命維持に必要な食事を身体が欲しているということなので、ぜひ栄養バランスの良い食事を腹8分目まで楽しんでください。

このように、自分が今感じている食欲が、「真の食欲」なのか「偽の食欲」なのかを見極め、無理せず健康的な体型を維持することを心がけましょう。