(夜中だけど、小腹が空いたから何か食べちゃお~) 0時過ぎたら朝ご飯!

ふとし君

「朝食」は英語で“breakfast”って言うでしょ。 夜の断食(fast)時間を終える(break)食事だからよ。 夜中の食事は体内時計を乱して、太りやすい身体になるわよ。

ダイエット小学校
教頭先生

メッチャ・ポッチャ教頭の論破タイム

あのね、「朝食」って英語で何て言うか知ってる?
ブレックファスト(breakfast)でしょ。
“break”には「連続している状態を断つ」という意味があり、“fast”は「断食」を指す言葉。
だから、朝食は「夜の断食時間を終える食事」でないといけないの。

「体内時計」って聞いたことない?
人間の体内時計は1日24.5時間とちょっと長めだから、毎日「光」と「食事」で調節してるわけ。
朝食は体内のすべての時計をリセットしてくれる重要な食事なのよ。

でも、夜中までダラダラ食べていては断食時間が十分に(=10時間ほど)持てないから、朝に何か食べたとしても、身体はそれを「朝食だ」と認識できないの。
なかでも夜中1時頃は「魔の時間帯」で、この時間に食事をすると特に体内時計が乱れやすいと言われているわ。

朝のリセットがうまくいかないと、体内時計はだんだん夜型にズレていきます。
朝はあまり食べられなくて夜遅くなってからたくさん食べるという「太る生活パターン」まっしぐらよ。

昔は私も呑み屋をハシゴして、終電前にラーメンを食べるような生活をしてました。かなり太っていた頃の黒歴史だけどね……(*ノωノ)
今は朝食をしっかり食べて、夕食も早めにして、1日のうち食べる時間が11時間以内におさまるように心掛けているの。

あなたも「0時過ぎたら朝ご飯」とか、ちょっと上手いこと言って夜食を食べてないで、さっさと寝てしまいなさい。
翌朝のbreakfastがとっても美味しくて、その日を快調に過ごせるはずよ!

<参考文献>
古谷彰子 (著), 柴田 重信 (監):食べる時間を変えれば健康になる 時間栄養学入門.ディスカヴァー・トゥエンティワン,2017